ひまわりさん

ひまわりさん 1

ひまわりさん 菅野マナミ

MFコミックス・アライブシリーズ メディアファクトリー


学校のまん前に建つ古くてちいさな本屋さん「ひまわり書房」。
店主の「ひまわりさん」がいつでも迎えてくれるその書店に、
今日も誰かが尋ねてくる…。本と本屋に集まる人たちをめぐるハートフルストーリー。

        • -

学生の頃は行動範囲が狭かった事もあり、私にも馴染みの書店は存在しました
ほぼ毎日って頻度で通っていたことは覚えております。
働きだし、車に乗るようになり行動範囲が広くなるにつれ
駐車場のないその書店に通う事も疎遠になり 気が付けば閉店
大型の複合店舗は確かに取り扱い種や在庫数において便利ですね
最近じゃ送料無料に誘われて(笑)ネットで購入が常になりつつあります。


そんな経緯から、馴染みの小さな書店って存在は貴重種なのかも
まぁ、ひまわりさんみたいな美人の店員さんも居りませんでしたし
まつりちゃんの様な可愛い常連さんがいた試しもなかったですが…(笑 。


さて既に2巻も発売されており、連載されている雑誌はコミックアライブ
雑誌でのメイン連載作品は、ラノベのコミカライズ物が主流の中
「やさしい世界」観を構築中。


「風祭まつり」や「七瀬さん」の話も好きなのですが、個人的お気に入りは
小学生の「朝倉さくら」ちゃんが、友達の漫画雑誌を破いてしまい
ひまわり書房に… って話がすきです。
子供が苦手って言っていたひまわりさんですが、あの優しくさとす場面で
おいら的にこの漫画のファンになってしまった感はありますね。


【送料無料】ひまわりさん(第2集)

【送料無料】ひまわりさん(第2集)
価格:570円(税込、送料別)

あそびにいくヨ! 8巻

あそびにいくヨ! 8

あそびにいくヨ! 8巻  著者 888/原作 神野オキナ

MFコミックス アライブシリーズ

神野オキナ氏原作の「あそびにいくヨ!」そのコミカライズの8巻です、
思ったよりも連載の進行が遅いように感じておりましたが
楽しみにしておりました8巻が無事に発売されて嬉しいかぎりです。
  *しかし今月号のアライブ、残念ながら休載でしたね(笑

888氏独自のキャラクターイメージはありますが、
原作に沿った内容で、多々あるコミカライズ作品中、
個人的に高評価の作品です。
まあ、放電映像氏の絵柄より多少「プニ」「萌え」分が多くなっておりますが
そこは「アオイ」が可愛いのでOKです。 おいらは「アオイ」派なので(笑

漫画での進み具合は、原作の4巻部分が終わった所まで
ラノベ現14巻に追いつけるのかどうかはとても…  ?ですね〜
是非、長期連載を願います。
   
先年、アニメ化されましたが、あまりにも「面白くなかった!」 
アニメの場合過剰の色気はいらないと思いますね
なんとか「ラウリィ」の「いだいなるさいしょのあしすとろいど?」
までは観たのですが 正直、その後はどうでもよくなってしまいました(笑

漫画はこのまま盛り上がってくれるとうれしいです、
8巻、見所は三角関係からの「進展」でしょうか?
ホント、表紙が美麗ですばらしい。

【送料無料】あそびにいくヨ!(8)

【送料無料】あそびにいくヨ!(8)
価格:500円(税込、送料別)

高杉さん家のおべんとう 3巻

/高杉さん家のおべんとう 3 帯

 「コミックフラッパー/メディアファクトリ」にて連載中の 
 「高杉さん家のおべんとう/柳原望

 連載誌「フラッパー」 今月号は表紙を「久留里(くるり)」が飾ってますから
 探して立ち読まれたい方には良い目印になっております。

 少女漫画誌で活躍されていた作者さんですが同出版社系の
 フラッパーにてこちらを連載
 1巻の頃は絵柄がなんとなくしっくりこなくて(笑
 スルー気味に読ませて頂きましたが 2巻3巻と重ねる間に
 妙に気になる作品と内容になり、連載を楽しみに待つ状態
 独特な雰囲気をもつ作品で 最近はお気に入りです。 

【送料無料】高杉さん家のおべんとう(3)

【送料無料】高杉さん家のおべんとう(3)
価格:620円(税込、送料別)

あそびにいくヨ! 5巻

 あそびにいくよ!5

 「あそびにいくヨ! 5巻

  著/888 原作/神野オキナ MFコミックス/メディアファクトリー

 先回も「あそびにいくヨ! illustrations〜放電映像art works〜 」を
 紹介しましたし、原作の新刊である 12巻が発売され
 アニメ化に伴いヒートアップしている「あそびにいくヨ!
 今回は888連載のコミカライズ版 5巻が発売、


 原作絵師である放電映像氏のイラストよりも
 丸みの帯びた「ぽよよん」「ぷにぷに」系のキャラクター描画
 原作を丹念に漫画化したと思える各話構成も手伝い好感が持てる仕上がり、
 最近では他誌の連載が多く忙しいのかデフォルメ表現や
 ギャグ描写が多くなってきたような気がしていましたが
 改めてカラーイラスト込みの一冊を読み返すと
 それも杞憂だったのかなと再認識させられます。


 今回はアントニアの教団から、エリス奪回の完結部と
 次の章エリスやアントニアが転入して来ての海で合宿編に加え
 原作でさらっと書かれた真奈美の腕時計の「傷」の話を
 サイド風に短編にした一話を収録
 後書きでも原作者がコメントを寄せられていますが
 良い仕上がりの漫画版、まとめて購入されても期待を裏切らないと思います。